メガビタミン理論とその効果

メガビタミン理論とはアメリカのライナス・ポーリング博士が提唱した理論で、ビタミンCとがん治療の関係性をテーマに研究が進められてきました。


人間は体内でビタミンCを生成することができない為、外部から積極的に摂取しなければならないという主張です。

最高のメガビタミンの効果技術のご紹介です。

そして、治療や予防を目的に大量のビタミンを投与するという栄養療法が、メガビタミン療法と呼ばれるものになります。
ビタミンCを大量に摂取した場合には余分なものは排出されてしまいますが、ただ単に排出されるというわけではありません。
例えばビタミンC1000mgを食後に摂取した場合、胃で少量と小腸で500mg程度が吸収されることになります。


ここで吸収されなかった分は大腸へと行き届き、様々な効果をもたらしてくれるのです。


ビタミンCを大量に摂取することで得られる効果としては、大腸で発がん物質等の有害物質が生成されることを抑制する効果が挙げられます。



大腸がんやその他の大腸で発症する病気を予防してくれるのです。

また、乳酸菌等の善玉菌を増殖させて悪玉菌の働きを抑えてくれる効果もあります。



大量に摂取しても危険な副作用が起こるわけではありませんが、緩下作用が起こる可能性は考えられます。
緩下作用は腸を刺激して緩やかに排便を促す効果で、どの程度で症状が現れるのかは人によって異なります。
ただし、排便を促す作用なので便秘の解消という観点から見れば副作用とは言えないでしょう。このように、メガビタミン理論が示す通りにビタミンCは人間の体内で生成することができないものですからサプリメント等から摂取する必要がありますが、摂りかたには注意が必要です。
そのため、できる限り食事からの自然な形での摂取を心がけることが大切であると言えます。